国産と外国産の差異

外国の方がドッグフード(Dog food)にかんしての安全基準が厳しく設定されているので、原料、添加物等にかんしてちゃんと規律化しています。
それによって国産のドッグフード(Dog food)より、外国産のドッグフード(Dog food)の方が高品質と言うものも沢山なです。
ニホンでドッグフード(Dog food)に関連した安全基準に対する整備が開始されたのは2008年とかなり遅めです。
それによって外国に比べてまだ不十分で、外国では禁止されている添加物をニホンでは使を対象としているものきるといった例も有ります。
一般的にみると外国産の方がシビアな基準の中、品質の高いドッグフード(Dog food)を作っています。
しかしながら、国産の物が全て外国産の物に劣るというわけではございません。
国産のドッグフード(Dog food)にも、無添加のドッグフード(Dog food)を作製している製造者もあるからです。
外国産のドッグフード(Dog food)には大きな問題点が有ります。
それは輸入していると言うことです。
外国産のドッグフード(Dog food)は、添加物や栄養素等イロイロな点に配慮してつくられているものもいっぱいあり、ニホン国内でもおなじみのドッグフード(Dog food)となっています。
しかし輸入しているものは、外国からニホンへ輸送される経過が問題となってきます。
コンテナに詰めて長距離を船で輸送されてくるのですので、夏場等の炎天下でははかなり品質の劣化が心配です。
そこで、品質保持の観点から酸化防止剤を使用する物も出てきます。
また、輸送管理に対するモラルが低いと思われる業者の場合は、雨が降ってもドッグフード(Dog food)の入ったコンテナを雨にさらした有り様で出港を待つケースも有ります。
より一層輸送の際に気圧で袋が破損しないようにコンパクトな穴を袋に開けていたり、ニホンに着いてから詰めなおししたりする業者も有ります。
こんなことからニホン国内の工場で作製されたドッグフード(Dog food)より品質が劣化している見込みが高いのです。
外国産には、並行輸入品も有ります。
これは正規の輸入ルートではなく他のルートを使って来る品物で、正規輸入品と比べると並行輸入品の方がお安く市販されています。
しかし価値が安いからと言って並行輸入品に飛びつくのはリスクです。
正規品を模倣したものや品質管理がずさんなものであるケースが沢山なです。
安全基準のちゃんとした品質の高さから外国産を選択するのであるのなら、多かれ少なかれ価値が高くなっても正規輸入品を選択するようにしましょう。

プリモ

“PRIMO”プリモは、おなじみの国産ドッグフード(Dog food)です。
国産のドッグフード(Dog food)には珍しい、第一主原料が動物性素材の肉を中心につくられています。
動物性素材には、犬が必要とする必須アミノ酸が潤沢に入っています。
イロイロな肉を応用していて、中でもおススメは生肉を50%以上も配合している点に有ります。
食品段階で応用可能な新鮮な肉を応用しています。
応用している肉の種別は、牛肉、豚肉、鶏肉、馬肉、レバー肉、魚肉で、これらをミンチにして原材料の半分以上を占めています。
元来肉食である犬の為の、肉が多めのドッグフード(Dog food)としておなじみが有ります。
動物性素材がいっぱい入っているので、良質なたんぱく質を潤沢に摂ることが出来ます。
またビール酵母や乳酸菌、オリゴ糖といった腹部に良い原材料も入っています。
これらの優れた栄養素をプロセシング段階の熱プロセッシングによって破壊してしまわないように、低温低圧プロセッシングで時間をかけてじっくりと作製しています。
炭水化物原料としては、玄米、大麦、さつまいも、じゃがいも等が入っています。
玄米や大麦は全粒穀類と比べると栄養価が高く、消化も良いです。
しかし炭水化物が沢山なのは、プリモのガッカリな点です。
犬の理想のお食事の要素の1つは低炭水化物であること。
プリモは玄米等を応用していますが、炭水化物の量としては多めなのがガッカリです。
プリモの艶やかさはもう1つ、“無添加”のドッグフード(Dog food)であると言うことです。
国産のドッグフード(Dog food)では添加物を使わないと言うこというのは珍しい方ですので貴重です。
添加物による愛犬へのなんらかの影響をかんがえると、安心して与えられる無添加のドッグフード(Dog food)はかなり艶やかさ的です。
プリモは、大量生産されておらず、必要に応じて作製、顧客へと届けられるので、他のドッグフード(Dog food)と比べると鮮度が高めなのも艶やかさです。