国産ドッグフード(Dog food)の長所短所

ニホンの国内製造者が作製しているドッグフード(Dog food)は、無添加のものが沢山なと言う持ち味が有ります。
しかし穀物の応用量が多めと言う点が気になります。
国産のドッグフード(Dog food)に対して、長所と短所をインフォメーションします。
<長所>
・国産の品物と言うことで安堵感がある…ドッグフード(Dog food)は重大な愛犬が口にするものです。
安全に食べられるものを与えたいと願い国産のドッグフード(Dog food)を選択する飼い主さんが沢山なです。
・お安く買える品物が沢山な…国内作製ですので、輸入のように高い輸送費等がかからずお安く提供出来る。
・品質管理を徹底した国内工場で生産している…品質に優れたドッグフード(Dog food)を提供出来る。
<短所>
・穀物中心のドッグフード(Dog food)が沢山な…外国のドッグフード(Dog food)は肉を中心にしたものが沢山なのに対し、国産のドッグフード(Dog food)は穀類中心のものが多く犬にとって必要な栄養素をとりづらい。
・着色料が沢山な…応用している肉も品質の高い肉ではないため、着色料等で香りや味わいをごまかしているドッグフード(Dog food)も多くある。
・合成着色料を多く応用しているものがある…発がん性があり、アレルギーの原因にもなる合成着色料の摂取は好ましくない。
こんな風に国産のドッグフード(Dog food)を選択する随一の長所は、国内工場で作製していると言う信頼性、安全性の高さから安心して与えられると言うことです。
しかし必ずしも国産だからいいものであるというのは言い切れないようです。
国産だからと言うだけでドッグフード(Dog food)を選択するのではなく、犬の個性、体質、好み等もかんがえて選定してあげるといいとおもいます。

タシカ

良質な鹿の肉を60%応用してつくられている珍しい国産のドッグフード(Dog food)が“TASHIKA”タシカです。
いつ死んだのか不明といった低品質の肉ではなく、鳥獣駆除された新鮮な肉を応用しているので安心して与えられるドッグフード(Dog food)です。
“TASHIKA”と言うのは“確かな品質”+“確かな栄養”+“確かな満足”を提供・普及させたいというおもいと、それプラス“多可町”と“鹿”をあわせて名が付けられた品物名です。
鹿の肉60%も応用しているので、かなり高たんぱくなドッグフード(Dog food)で、特に中型犬~大きな犬におススメしたい品物です。
たんぱく質は全体の38%以上を占めます。
鹿の肉は、牛肉、豚肉と比べるとカロリーが3分の1しかないためかなり低カロリーです。
100gあたりにおけるカロリーはおおよそ397kcalです。
高たんぱくかつ鉄分が多く含まれており、ミネラルのバランスは良好です。
肉好みの犬に健康的に与えられるドッグフード(Dog food)です。
栄養素が潤沢に入っている肝臓、そういった鹿のレバー(肝臓)が入っているので、ビタミンや鉄分も潤沢で、シニア犬、妊娠中の犬、産後の犬にもおススメです。
ニホン育ちの犬の為にカルシウムも多めに入っています。
快便効き目によって肛門腺の臭いや便の臭いを改善したり予防したりする効き目も有ります。
新鮮な肉の栄養を無くなってしまわないように、低温でオリジナル圧縮製法によってプロセシングしています。
“TASHIKA”は1kg入っていて、価値は2,500円(税抜)です。
兵庫県多可町でつくられている国産のドッグフード(Dog food)で、ふるさと納税で多可町に納税したケース“タシカ”を2袋もらえるため、興味のある人は試してみるといいとおもいます。