ドッグフード(Dog food)の選択法

安全で安心して与えられる国産のドッグフード(Dog food)の選択法に対してインフォメーションします。
・無添加のドッグフード(Dog food)を選択する。
添加物は、発がん性があったり、蕁麻疹等アレルギー症状を引き起こす原因となったりします。
原材料名が書いてある表示をちゃんと確認し、“赤色2号”、“青色2号”、“赤色40号”というような“赤色”、“青色”、“黄色”、“緑色”等の表示があるかないか目で見て確かめるようにしましょう。
これは合成着色料です。
外国ではシビアな制限を合成着色料に設定しているところが大半ですが、ニホンはそこまで厳しくないため応用しているものも有ります。
香りや味わいをよくするお目当てで芳香成分を入れている国産のドッグフード(Dog food)も沢山なです。
これは犬には全く必要がないものです。
着色料、芳香成分は不活を対象としたものを選択するか、あるいは天然由来原材料の着色料、保全料等を応用しているものを選択するといいでしょう。
・第一主原料が肉や魚のものを選択する。
国産のドッグフード(Dog food)には、穀物中心のものが沢山なです。
穀物が沢山なと、消化不良を起こしたり、皮膚疾患の原因となったりします。
元来は穀物は不応用なものが理想的ですのですが、国産のものには多分ないとおもいます。
それによって、原材料の初めに載っている第一主原料が、肉や魚のものを選べば、肉や魚を中心に作製されたドッグフード(Dog food)ですので穀物が少なめになっています。
・“4Dミール”、“〇〇肉副産物”が使用されていない物を選択する。
これらはあまり質の良くない肉を応用して作っているため、消化不良を引き起こしたり、またはアレルギーを誘発したりする見込みが有ります。

ドットわんごはん

“ドットわんごはん”は、国産のドッグフード(Dog food)のなかでも珍しく原材料の原産地がちゃんと細かく公開されているドッグフード(Dog food)で、安堵感、信用度がかなり高い品物です。
一定段階、ここまで細かく原材料に対して原産地は公開していないので確認することが出来ないものが沢山な中、かなり信頼の出来るドッグフード(Dog food)です。
栄養添加物や芳香成分、着色料、保全料等一切応用していない国産のドッグフード(Dog food)です。
まず可愛らしいパッケージが魅力的です。
チャック式なので密閉性が非常に高く、使い勝手も良いです。
穀物不活を対象としたグレインフリーだと良かったのですが、ガッカリながら穀物が多めのドッグフード(Dog food)となっています。
その点はあまり評価出来ないのですが、やはり原産地の公開がかなり大きく信頼出来ると、高評価でおなじみのドッグフード(Dog food)となっているのです。
“ドットわんごはん”は山形県産の玄米に加え、三重県と和歌山県産の鶏肉、それに北海道産の海藻類を使った国産の国産原材料を混ぜ合わせたドッグフード(Dog food)です。
厳選した国内の生産地から直接仕入れを行っているので安全性、安堵感の高い国産のドッグフード(Dog food)としておなじみが有ります。
原産地をちゃんと公開出来るのは、原材料にこだわり直接仕入れているから出来ることです。
現場に直接赴いて質の高い原材料を選定しているので、他の品物のように質が不透明なものを応用しているこというのはございません。
第一の主原料は玄米なのですが、栄養価が高めかつ消化率についても高いものを活用・応用しています。
玄米というのは一般的な穀類と比べて、アレルギーを心配する必要は少なく栄養価の高い、ビタミンや食物繊維やミネラルが潤沢な健康的な素材です。
しかし肉食の犬のことをかんがえると、第一主原料はやはり肉類等動物性素材が望ましいです。
第二主原料は鶏の胸肉です。
動物性たんぱくが摂れる優秀な栄養源です。
肉のなかでも最も犬に適しています。
第三主原料はポークエキスです。
嗜好性を高めるための重大な素材です。
食欲をかきたてて、犬の食いつきをよくしてくれます。
飼い主さんが愛犬に安心して与えることの出来るドッグフード(Dog food)を目指しつくられたドッグフード(Dog food)ですので、原材料にこだわり作製されている、それが“ドットわんごはん”です。
1kg入って価値は3,240円です。