おススメ国産ドッグフード(Dog food)ランキング

安心しておススメ出来る国産ドッグフード(Dog food)をランキングにてごインフォメーションします。
1位は“PRIMO(プリモ)”。
国産ドッグフード(Dog food)としては珍しい第一主原料に肉を応用している動物性素材を中心としたドッグフード(Dog food)です。
元来肉食の犬のことを思ってつくられた、肉が多めのドッグフード(Dog food)です。
第一から第五主原料まで全部動物性素材ですので良質なたんぱく質を摂ることが出来ます。
無添加ですので安心です。
2位は“TASHIKA(タシカ)”。
兵庫県で作製されているドッグフード(Dog food)、主な原材料として鳥獣害駆除した鹿を応用しています。
無添加です。
鹿の肉は牛肉・豚肉と比べた場合、低カロリーかつ高たんぱく、さらには鉄分も多く含まれます。
肉食の犬にうってつけのおススメのドッグフード(Dog food)です。
3位は“ドットわんごはん”
原材料の原産地まで細かく公開している安堵感のあるドッグフード(Dog food)です。
山形県産の玄米を使い、三重と和歌山県産の鶏胸肉、北海道産の海藻類等厳選素材を応用しています。
第一主原料は肉ではなく穀物ですが、玄米を応用しているので消化もよく栄養価も高いものです。
無添加ですので安心です。
4位は“ナチュロルドッグフード(Dog food)”。
国産で高品質な無添加のドッグフード(Dog food)。
総合栄養食としての基準もクリアしている、栄養バランスに優れたドッグフード(Dog food)です。
長期的に食すのに安心です。
5位は“ビッグウッド”。
国産のドッグフード(Dog food)のなかで珍しい、人間が口に入れても大丈夫な高い安全基準をクリアした高品質な品物です。
主要原材料に対しては、産地をしっかり確認できて安全性が高いです。
作製手法にもアレンジをしていて、素材の栄養素を破壊しないで調理しています。
原材料の全部が国産なわけではございません。

ミニサイズ犬向け

犬のなかでも一番多くペットとして飼われているのがミニサイズ犬です。
ペットとしておなじみの高い犬種がチワワ、トイプードル、ポメラニアンといった、ミニサイズ犬です。
ミニサイズ犬におススメの国産のドッグフード(Dog food)に対して詳しくインフォメーションします。
“JPスタイル 和の究み 子犬用”。
売り出し元である日清ペットフードというのは、日清製粉グループに属する会社です。
大手製造者が手掛けるおなじみの国産ドッグフード(Dog food)として、JPスタイルシリーズはおなじみが有ります。
JPスタイルは、安心、安全なNO.1ブランドを目指しています。
特にミニサイズ犬におススメなのがドライスタイルのドッグフード(Dog food)です。
子犬の発育に必要な栄養分が潤沢に入っていて、オリゴ糖や有胞子性乳酸菌も入っているので腸内フローラが整えられて健康キープにも役立ちます。
子犬でもちゃんと食べ易いように工夫されていて小粒になっています。
内容量800g(100g*8袋)の場合は、価値は1,285円(税抜)となっています。
2.1kg(300g*7袋)の場合は、価値は2,680円(税抜)とおてごろになっています。
“メディコート アレルゲンカット”。
ヨード卵光で知られるNOサービスエリアNグループの会社であるペッ挑戦ンが売り出ししているおなじみの国産ドッグフード(Dog food)です。
売り出し元の製造者自体が品質の高いものを広く展開していると評判がいいので、安心して利を対象としているものきます。
品質が高く、栄養面にも優れたドッグフード(Dog food)です。
より一層アレルギーの原因となる物質をカットしているのも持ち味的です。
たんぱく源を2種類に選別して食物アレルギーに気を配ったドッグフード(Dog food)を作っています。
皮膚や被毛の健康の為に抗酸化原材料も入っています。
ミニサイズ犬におススメなのは、メディコート アレルゲンカット 子犬を対象としているものす。
離乳~1歳までを対象としたドッグフード(Dog food)です。
サクサクの小粒仕立てになっているので食べ易いです。
内容量が1kg(500g*2袋)入って、価値は1,100円です。
3kg(500g*6袋)入って、2,600円です。