ナチュロルドッグフード(Dog food)

高品質な国産のドッグフード(Dog food)としておなじみの“ナチュロルドッグフード(Dog food)”。
芳香成分や保全料、着色料等を応用していない無添加の国産ドッグフード(Dog food)です。
ナチュロルドッグフード(Dog food)は、“総合栄養食”です。
総合栄養食は、これ以外にお水を飲んでいれば必要な栄養素をすべて摂取出来ると言う栄養バランスがとれた健康食品です。
一般的にドッグフード(Dog food)は、“おかず”だったり“おやつ”だったりして、それだけを食べ続けていると栄養に片寄りが出てしまうと言うものが沢山なです。
その点、ナチュロルドッグフード(Dog food)は長期的にこれ程を食べ続けても問題なく必要な栄養素を摂取出来ます。
ナチュロルドッグフード(Dog food)は、穀物類不活を対象としたグレインフリーです。
国産で、グレインフリー、より一層高品質と言うことでかなり評価の高いドッグフード(Dog food)です。
生の牛肉、鶏肉、馬肉、魚肉を応用してつくられています。
アレルギーの犬でも大丈夫なタピオカを応用しています。
目にいいアントシアニンが潤沢に入っている、紫さつまいもを応用しています。
さつまいもは炭水化物ですが、穀類と比べるとGI値が低めのため糖尿病等の心配もない食材です。
アントシアニンが入っているので高齢者にもおススメです。
対応している犬種は、全犬種です。
子犬だけでなく老犬まで年齢問わずです。
“ナチュロルドッグフード(Dog food)”の買入はネット上の公式サイトから行なうことが出来ます。
一定段階買入したケース、850g入って価値は3,000円です。
定期買入したケース、2袋で1.7kg入っていて4,980円、4袋で3.4kg入っていて9,600円、6袋で5.1kg入っていて14,000円とかなりお値打ちです。
さらには、定期買入においては送料が無料になります。
一定段階買入では送料が648円かかります。

大きな犬向け

代表的な大きな犬として、ゴールデンレトリバー、シェパード、ドーベルマン等がいます。
大きな犬は食すドッグフード(Dog food)の量も沢山ですので、国産で品質の高いものにこだわるこというのは当然ですが、同じ時に経費パフォーマンスもいいものを選びたいものです。
大きな犬向けにおススメのドッグフード(Dog food)に対して詳しくインフォメーションします。
“メディコート アレルゲンカット”。
大きな犬を対象としているものはおなじみNO.1のドッグフード(Dog food)。
アレルギー源になりにくい、米と魚だけを主原料とした国産のドッグフード(Dog food)です。
大きな犬におススメなのは、1歳~成犬を対象とした大粒スタイルです。
1日1頭あたりの食す量にかんしては、ウエイト別に一覧表になって記載されているのでわかり易いです。
例を挙げますと、20kgほどの犬であるなら1日の内に与えていい量は315g程度、25kgであるなら375g、30kgであるなら430gといった塩梅です。
内容量3kg(500g*6袋)の場合で、価値は2,600円です。
6kg(500g*12袋)の場合は4,000円、8kgの場合では5,000円となります。
“JPスタイル 和の究み”。
大きな犬におススメなのは、1歳からの成犬を対象とした大粒スタイルです。
噛み応えのある大粒スタイルで、愛犬の健康キープをするのに重大な栄養がバランスよく入った国産のドッグフード(Dog food)です。
皮膚や被毛の有り様がよくなり、おなかの健康キープ、骨や関節の健康キープにも役立ちます。
内容量2.4kg(600g*4袋)の場合は、価値は2,680円です。
内容量4.8kg(600g*8袋)の場合では、3,750円となります。
“VISION オリジナル”。
VISIONからは魚を使った純国産のドッグフード(Dog food)がおススメです。
子犬から成犬にはメンテナンス(整備)スタイル、シニアや肥満の犬、胃腸の弱い犬にはライトスタイルがおススメです。
原材料はすべて国産のものを応用しています。
ウエイト別の目安量は、16kg~20kgで1日に250g~300g。
21kg~30kgで1日に310g~400gとなっています。
日々同じ量にしなくても、愛犬のボディーの具合を見ながら切り替えていって頂戴。