ドッグフードの種類

あなたが近頃、どんなドッグフードをオーダーしているのか分かりませんが、近頃、市場に出回っているドッグフードには、どんなものがあるのかを、ご紹介してみたいとおもいます。

まずはドッグフードを硬さでスタイル分けしてみましょう

・ドライフード(硬め)・ソフトドライフード(しっとりスタイル)・セミモイストフード(やわらかめ)・ウェットフード(かなりやわらかい)以上の4種別に分類されます。

最も評判が高いのは、やはりドライフードでしょう。

次に、犬が生まれてから亡くなるまでの一生涯でスタイル分けしてみましょう。

・授乳期(生後4週齢の前後)・幼犬期(生後8週齢の前後の離乳食期~1才前後)・成犬期(1才前後から6~8歳前後)・高齢期(6~8歳以後)おおよそ上記の4期に合わせたドッグフードが市販されています。

お食事の種別別だとしても分類出来ます。

・主食用・間食用多様な目標を持ったドッグフードも市販されています。

・栄養補助用・お食事療法用・カロリー補給用大きく分類してみますと上記のような分類になります。

犬も人間と同様にお食事の時間をすさまじく楽しみにしていますが、本質的に犬は同じ味に退屈すると言うこと言うのはないようです。

人間にとっての主食のようなものでしょうか。

ですが、少なくても、原材料として何が使われているのかをちゃんと確かめたうえで選定してあげるべきでしょう。

評判があるドッグフードが必ずしも良いと言うわけではございませんが、よく売れているものはやはり何かしら良い箇所があるからだとおもいます。

ですので、どうしても迷ってしまったら、とりあえずは評判のあるドッグフードをオーダーしてみると言うのも一つの方式です。

ドライフード

近頃、多様な種別のドッグフードが市販されていますが、もう何年も犬を飼っていらっしゃるかたは、ドッグフードに対してもそれなりに詳しいでしょうか。

それとも、あまりよくかんがえずにいつものショップでいつもと同じドッグフードを購入しているだけでしょうか。

犬を飼って間もないかたや、以後飼おうとかんがえているかたは、ドッグフードに対してどんなふうにかんがえているのでしょう。

この機会に、本質的なことだけだとしても覚えておきませんか。

そして、あなたの大切なファミリーの一員である犬に、適切なドッグフードを与えて挙げられるようになりましょう。

ドッグフードおのおのの種別に対してお話します。

まずは、最も評判の高い“ドライフード”です。

言葉通り、乾きしているフードと言う意義ですが、事実にドライフードは水分10%以下で創られています。

食すとカリカリと言うような音がするため“カリカリ”と呼ばれることも有ります

スタイルは製造者によっていろいろですので、中にはスタイルで選択するかたもいらっしゃいます。

ドライフードの評判が高い理由として、大量に入っているものが多く、保全期間も長いため費用パフォーマンスに優れているからでしょう。

お安く売られているときに、まとめ買いを行う飼い主さんも沢山ですね。

水分が少なくて乾きしているので、カビが生えがたく腐敗もしずらいです。

犬にすさまじく歯垢がつきずらいと言うメリットが有ります。

ただ、ドライフードだけではあまりにも水分がわずかため、水を添えて与えたり、水でふやかしてから与える等のアレンジが必要です。