幼犬に与えるドッグフード

ペットストアーだとしても一番評判の幼犬ですが、年齢でいうとおおよそ生後8週間を越えたくらいから1歳前後くらいまでが幼犬になります

大きな犬のケースですと1歳半くらい、小ぶり犬のケースは10カ月くらいとみてよろしいでしょう。

目もちゃんと開いて、毛並みも揃ってきて、実に可愛らしい時期ですので、評判があるのもよく分かります。

生後8週くらいで離乳食を与える時期になりますが、授乳期が通り越してから離乳食までの間は、まだ粒状のドッグフードは早いでしょう。

その時期は、食べ易いように柔らかいドッグフードを与えなくてはなりません。

一定グレードは、粉末やフレークスタイルのものをペースト状にして水分を含ませたドッグフードを与えます。

生後8週を越えたくらいからは、幼犬を対象として開発されたドッグフードを与えてあげます。

パッケージに“幼犬・幼猫期/成長期またはグロース”と書かれているドッグフードを選択すると良いですね。

このドッグフードは、成長期に欠かせない栄養素(タンパク質、ビタミン、ミネラル、アミノ酸等々)を適正量、取り入れることが可能なように創られています。

あれやこれやと頭を悩ませてフードを選んだりしなくても良いので、実に楽な時代になりました

成長に合わせてきちんと栄養を摂っていれば、免疫力もきっちりつきますし、健康でちょっとやそっとでは病気になるケースもないでしょう。

人間のケースも、幼いころの栄養有り様がその後も影響したケースいうようなことを聴きますから、犬も同様だとおもいます。

幼犬を対象としたドッグフードの中だとしても、評判の高いものやそうだとしてもないものが有りますが、本質的にはどれも成長期の為の栄養原材料は含有されていますので心配ございません。

成犬~高齢犬に与えるドッグフード

犬の成犬と言うのは、おおよそ1歳前後あたりから7~8際くらいまでを言います。

小ぶり犬のケースには、1歳と比べると少しばっかり前の10カ月くらいからと言っても良いでしょう。

このくらいの年齢の犬には、成犬を対象としたドッグフードを与えるのが望ましいです。

ドッグフードのパッケージに成犬用と書いてあるでしょうから、わかり易いです

成犬を対象としたドッグフードは、もっとも種別が沢山ため、オーダー時にはすさまじく迷ってしまうかたが沢山ようです。

後ほど、あらためて評判のあるドッグフードや、評判のあるおやつ等をご紹介いたしますので、犬を飼い始めて間もないかたは、そちらを参照になさってください。

さて、高齢犬は老犬とも言いますが、おおよそ7~8歳以後の犬のことを言います。

犬の7歳といえば、人間で換算しますとおおよそ40歳くらいに相当しますので、老犬と言うには少々早いような気もしますね。

しかしながらながら、人間であっても40歳くらいになりますと、生活習慣病の事を気にし始めて、お食事の塩分を抑えめにしたり、全体的に薄味にしたりと食習慣をチェンジさせる時期だとしても有ります。

それをかんがえますと、犬も7歳くらいからお食事を変化させていったほうが、より健康に長生き出来るとかんがえられますね。

ちょうどそのくらいの年齢から、ボディーにも少しばっかりずつ老化ともいうべきチェンジが訪れてまいります、。

たとえば、歯が弱くなってくる等のチェンジが有ります。

そういう意義からも、7歳になったら、そろそろ老犬を対象としたドッグフードに替えてあげてよろしいとおもいます。

大きな犬と小ぶり犬では、老化にもけっこうな差が有ります、。

犬の10歳は、人間に換算することによって60歳くらいになりますが、その年齢だとしても小ぶり犬はまだ活動的であまり衰えが感覚られませんが、大きな犬のケースは、見るからに衰えを感覚てきます。