ドッグフードの選びかた(1)

近頃、市場ではたいへんいっぱいの種別のドッグフードが市販されています。

特に何もかんがえずに売り場へ行きますと、どれを選んだらよろしいのか分からないくらい、実にいっぱい有ります。

あなたは、どんなふうにして愛犬のドッグフードを選定しているのでしょう。

容易な選びかたをご紹介いたしましょう。

あまりにもいっぱい有りますので、初めに数種別に絞り込む作業をしたケース良いですよ。

これによってには、まずは犬の種別や適合する年齢別で絞り込みます

犬の種別と言うのはたとえば、アレルギーになり易い犬のケースには、アレルギーを起こしずらい原材料を活用したドッグフードを選定してあげたり、ダックスフンドみたいに脚が短い犬は運動競技不足になりがちですので、カロリーが低めのドッグフードにする等の配慮をしてあげます。

そうすることによって数沢山ドッグフードのスポットがせばまり、選びやすくなりますよ。

大きなショップ等では、それだとしてもまだ絞り込めないケースがあるでしょう。

とくに成犬を対象としたドッグフードは極めて種別が沢山ため、年齢別だけではなかなか絞り込むことが出来ません。

そうしましたら、次にかんがえるべきは、ドッグフードのスタイル、若しくはスタイルで選択するか、値段で選択するとより一層スポットが狭まります。

そのへんにとくにこだわりが無ければ、そのショップで評判のドッグフードを選択すると言う方式も有ります。

もっとも大量に売り場に出ていて、より一層よく売れて減っているようなドッグフードですね

または、ショップ員さんによく売れている評判のドッグフードはどれかと聞いてみると確実です

売れているから良いとも限りませんが、やはりなにか良いことがあるので評判が出ているのが通例です。

オーダーしてみて、事実に犬に与えて食いつきを確かめてみましょう

ドッグフードの選びかた(2)

ドッグフードを選択する際には、飼い主さんのこだわりが反映されるケースも多々有ります。

何と比べると品質第一で選択するかたも沢山ですよ。

飼い主さんご自身が、食すものにこだわるかたのケースには、同じように犬のお食事にも大変こだわりが強いため、品質第一でドッグフードを選定しています。

しかしながらながら、ドッグフードではの品質の高し悪しも又、飼い主さんのこだわりによって異なってきます。

兎にも角にもオーガニックであるのなら品質が高いと思っているかたや、添加物が出来るだけ少なければ品質が高いと思っているかた、使われている原材料の一つ一つを確かめてご自身の基準で品質が高いと判断するかた等いろいろです

世間一般的にドッグフードの品質が高いと言うケース、出来るだけ化学物質が無添加のもので、なおかつ、動物性のタンパク質が多く含有されているものを指します。

しかもその動物性蛋白質(タンパク質)は、どんな動物の肉なのかが明確に記載されているものが望ましいです。

たとえば、“ラム”や“鶏肉”等んなふうに書かれていれば間ちがいないですね。

逆に、○○副産物、○○ミール等と大雑把にまとめて書いてあるようなものは、どういう動物の肉を活用しているのかが曖昧ですので、品質が高いと言うのは断言出来ません。

その辺りも、ご自身ではちゃんと判断出来るか心配だとおもうかたは、ストアーのかたに品質が高くて評判のあるドッグフードがあったら嬉しいと伝えれば大丈夫でしょう。

ストアーのかたは、そのくらいの知識は持っているのが常識ですし、もし分からないようであるのなら、以後はそんなストアーではオーダーしないことです。

外国では“国際規格”と言うシビアな企画に通過したドッグフードの評判が高いです、。

ニッポン人はなんだとしても国産が一番だと言うおもい込みを持っていますが、フードに関しましては外国のほうが基準がシビアなと言うケースも多々有ります。

高品質を求めるならば、輸入品も選択肢に投入してみては如何でしょう。