犬が好きですか

ペットを飼う人が凄く増加しています。

犬のブームは凄く高いです。

もともと犬は好評の高いペットで、多くのかたがたが飼っていましたが、近頃はより一層増加してきています。

その背景には、核家族化による虚しさであったり、ペット用品の充実化等によって、凄く飼いやすくなったと言う点も理由として挙げられるとおもいます。

近頃の傾向としては、玄関先や庭等外で飼うと比べると、家のなかで供に暮らすと言うスタイルにチェンジしてきています、。

ペットも身内の一員だと言う意識が、昔と比べると強力になってきたと言うことですのでしょう。

家のなかで犬を飼うと言うこと言うのは、このニホンの住宅事情ではは少々大変なことで、所謂大きな犬を飼えるお宅と言うのはわずかでしょう。

ですので、必然的に小ぶり犬に大好評が集中することになります。

中だとしても、近頃の傾向として評価されているある犬は、ミニチュアダックスやチワワ、トイプードル、ポメラニアン、ヨークシャーテリア等でしょう。

常々、ご近所を歩いていて、犬をお散歩に連れているかたを見かけると、おおよそこれらの中のどれかの犬を連れていらっしゃるでしょう。

実に犬と言う動物は、賢く、優しく、凄くフレンドリーで、人間の話し相手にもなってくれる可愛らしい動物です。

一人暮らしのかたや、ちびっこさんがペットとして飼いたくなるのも分かりますね。

以来、犬を飼おうかと迷っているかたもいらっしゃるでしょう。

凄く飼い易いミニチュアダックスがおススメですが、如何でしょうかでしょうか。

以来、ブログでミニチュアダックスに対していろいろと書いていきますので、ご検討してみてください。

ダックスフンドの種類

ミニチュアダックスと言う小ぶり犬は、ダックスフンドの部類の中の一つだと言うこと言うのは、お分かりですね。

その名前から、容易に想像がつくことかとおもいます

現実、あの可愛らしい体型を見ていても、よく分かりますね。

世間一般的な犬と比べると足が短く、胴長に見えます。

ミニチュアダックスのことを詳しくお話する前に、ダックスフンドに対して少しばかりお話しようとおもいます。

ダックスフンドには、ミニチュアダックスを含めて三部類の大きさがあるのです。

ボディーの毛質のちがいも三部類あるとされています、。

まず大きさとしては、スタンダードな「ダックスフンド」・・・この部類は7~15kgくらいのもので、やはりミニチュアダックスと比べるとかなりの大きさがあります

そして、「ミニチュアダックス」・・・この部類は4.8kg以下に抑制しられたものを言います。

お散歩にも連れて行きやすく、供に遊ぶにもちょうど良い大きさですね。

より一層小さなスタイルもあるのです。

それを「カニヘン」と言います。

ミニチュアダックスより小さなカニヘンは、2.3kg以下に抑制しられています。

犬としてはかなりの小ぶりです。

毛質の三部類と言うのは、もっとも大好評があるロングの毛は「ロングヘアード」・・・毛が長くてキレイに光沢が出ているのが特徴的です

出現時の姿に近いのが「スムースヘアード」・・・短毛でツヤツヤな毛質です。

「ワイヤーヘアード」・・・口ひげがあることと、あらい毛質が特徴です。

これらの毛質に加え、彩りもいっぱいあるでしょうから、もしもペットストアーでお買いになるときは、何軒か見て歩くと良いでしょう。

ミニチュアダックスの特徴

ミニチュアダックスは、パッと見も実に可愛らしいです。

この犬の特徴と言うと、やはりなんと言いましても、あの短い足でしょう。

現実には胴ばっかりが極度に長いと言うわけだとしてもないのですが、足の長さがあまりにも短い為に、胴長で短足な想像になってしまっています。

しかしながらながらその短い足で、チョコチョコと歩く姿がたいへん可愛らしくて、大好評があるのです。

顔の特徴といたしましては、眼がくりっとしていて、鼻先までが凄く長いです、。

顔全体の大きさからしたケース、耳が大きく垂れているのも、可愛らしさを強調していますね。

ミニチュアダックスは、原産がドイツです。

そして、「ミニチュアダックスフンド」と言う名前にも、ちゃんと訳があり、「ミニチュア」はちっちゃいと言う訳ですが、「ダックス」と言うのは穴熊と言う訳です。

ちなみに、ダックスフンドの「フンド」は犬と言う訳です

ダックス・・・つまり穴熊と言うのは、元来は、イタチ科の哺乳類を指す名前です。

ですが、ミニチュアダックスのダックスと言うのは、穴熊に似ているからではなく、穴熊みたいに巣穴で暮らす小動物の狩猟の為の犬・・・と言うのが由来となっているやうです。

巣穴で暮らす動物を狩るわけですので、胴長で短足な特徴や、あの顔の長さも頷けますね

穴熊を狩るといいましても、ペットとしてのミニチュアダックスは獰猛なわけではなく、大変、賢くて可愛らしいので心配はいりません。

では、次回は、ミニチュアダックスの性格に対してお話することにいたしましょう。

ミニチュアダックスの性格

ミニチュアダックスの特徴に対してお話いたしました。

特徴は、パッと見的な言葉っかりでしたので、この度はもっと内面的なことに焦点を当ててみたいとおもいます。

ミニチュアダックスと言うのは、世間一般的に、どんな性格をしているのか・・・と言うことです。

ミニチュアダックスは、大変、何事にも興味津々で活発です

大概の犬は、そういった傾向があるとおもいますが、ミニチュアダックスではは、その傾向が強いと言いましょうか。

人懐っこいのも特徴で、人と供に遊ぶことも大おお好きです。

それによって、いっそう可愛がられるのかも知れませんね。

元来は穴熊を狩るための狩猟犬だったことから、動くものに敏感な部位があり、ボール遊び等をいたしますと、実に大喜びしてくれます、。

お散歩だけでなく、たまには広間でボール遊びをしてあげてくださいね。

狩猟犬であったことでよく吠えるといった特徴もあります、。

ですので、もしも集合住宅等で飼うようなことがあれば、あまり吠えないように躾けることもキーポイントになってくるとおもいます。

こみたいに、凄く活動的で明るい感想や感じ方のミニチュアダックスですのですが、そうであってながらも同じ時に、少々、神経質で細やかな部位も持っているのですね。

人間だとしても、活動的で明るいだけと言うかたがいらっしゃらないように、犬も、多彩な性格を持っています。

ですので、いくらかわゆいからといって、あまりにもしつこくしたり、過度に怒ったりすること言うのはやめるようにしてください。

小さなお子さんは、とくに、しつこく追いかけまわしたり、いじったりするので、気を付けてくださいね

現在のミニチュアダックスが誕生するまで

もともと、この地球上にミニチュアダックスフンドと言う犬が存在したわけではありません。

かといって、遺伝子操作によって創られたということはありませんが、人間の手によって交配させることができることによって創られた種だと言うことですね。

当然、こんな種はいっぱいいます。

近年、残っているデータでは12~13世紀のころ、「ジェラ・ハウンド」と言う種と「ピンシェル」と言う種の交配によって、スムースヘアードのダックスが出現したと言われているのですね。

そして、このスタイルが近年、「ダックスフンド」と言われている犬の原型となってきます。

15世紀のころになりますと、「スムースヘアード」と「スパニエル種」の交配によって「ロングヘアード」のダックスフンドが現れることとなってきます。

そして、結果的に19世紀に入りますと、「スタンダードダックスフンド」では入ることができかねる小さな穴にも入りこんで、小動物の狩りが可能なように改良しようと言うことになったのです

それによって、近年の「ミニチュアダックスフンド」が出現したのです。

ですので、スタンダードなダックスフンドは、当初から存在していたものの、ミニチュアダックスではは、ほんの二世紀にもなるかならないかと言う新しい種だと言われていることになりますね。

20世紀にはいると、今度は、穴うさぎなどのより一層の小動物を狩るため、ミニチュアダックスと対比してみていっそう小さな「カニヘンダックスフンド」と言う種が創られました。

ついでに申しますと「カニヘン」とされるのはうさぎのことです。

こちらも大変小さくて愛くるしいですが、犬として飼うには、少々小さすぎるような気も致します。

やはり、ミニチュアダックスくらいが最適ですのではないでしょうか。