ペットと生きる

この度は、「ペットと生きる」に対してお話しさせていただきたいとおもいます。

ペットと言うのは、パッと見や中身等、人間と異なるところはいっぱいありますが、きっと大昔の時代から人間と共に成長してきた「パートナー」であるといえます。

世のなかには、イロイロな事情があってペットを飼う方もいます。

例えば、身内みんなでお世話することが出来るため、ペットを通して思春期のお子さんとの会話やご夫婦での会話を増やすことが出来る等と言ったもの等です。

人間この時代で人と接して生きていると、時にたわごとが起きたり等、誰もが疲れてしまうこともあるかとおもいますが、ペットはそれらを癒してくれるパワーがあると私は感じます。

ペットと共に生きること言うのは、それだけでも「希望」であると感じ取れる方も少なくないかとおもいます。

筆者である私自身、ペットを飼っている日々のなかで、愛情や慈しむおもい・活動的等をもらっています。

特に今は、結婚したばっかりでまだこどもがいないので、ペットが自分たちのこどものような存在になっています。

家にいるときは、何を行うにも愛猫がバックをつけてきて、「にゃー」と甘えた鳴き声を行うので、すさまじく可愛くて手法がないです。

旦那さんがお勤めから帰ってきて、私たちが話をしている時も、間に入るかみたいに混ざって「にゃー」と鳴きます。

そういったペットがいてくれるからこそ、私たちの生活は、より楽しいです。

もしも将来、こどもができたケース、私が幼い頃実家の犬たちと共に成長してきたように、自分のこどもにもそういった貴重な経験をさせてあげたいなと思っております。

これをご覧の皆さんも願わくは、ペットと楽しい毎日を送ってください。

便利なおすすめペット用品

ここでは、楽なおススメペットグッズを紹介させていただきたいとおもいます。

ペット用品は、近頃ではペットストアー以外にも、デパートの中や100円ストアー等イロイロなところで売られているのを見かけます。

それらで売られている楽なグッズと言うのは、犬を飼っているケースではに特に大大大活躍なのは、「マナーバッグ」等です。

犬のマナーバックは愛犬の排泄物をプロセシングしたものを投入するため、フタのないバッグだと臭いが気になるケースもあるかとおもいますが、近頃多様なところで売られているマナーバッグは、消臭効き目があってパッと見もかわゆいバッグ等があります。

他にも、犬や猫等、毛の長いペットなら多様な部類に使えて楽なものは、「グルーミングブラシ」です。

グルーミングブラシと言うのは、ペットの抜け毛のプロセシングを行う際、飛び散りを防ぎながら一度に大量プロセシングしやすくできている優れものです。

また他には、「犬用爪切り」「猫用爪切り」「うさぎ用爪切り」「ハムスター用爪切り」等があり、各個のペットの部類に合った用品が売られているので、現実に利用してみても容易に利用することができ、ペットも爪切りを嫌がらずにしてくれる楽なグッズです。

他には、犬用や猫用で、避妊手術や去勢手術などの手術をした際に楽な「エリザベス色」等があります。

エリザベス色と言うのは、手術の後にペットが傷口をなめたりしないように、プラスチック等でできた品物を、エリマキトカゲみたいにペットの首に巻いて利用するものです。

慣れていない人でも容易に取り付けることができ、ペットを飼うごご身内に1つあると楽でおススメな品物です。

皆さんも試してみてください。

ペットを飼う喜び

この度は、「あとあとペットを飼いたい。

」と思っている皆さまに、ペットを飼うと言う喜びをお教えしたいとおもいます。

まず、家で世間一般的に飼われているペットのなかには、犬・猫・うさぎ・ハムスター・金魚等がいます。

各個の動物に特性がありますが、飼い主の私たち人間はそれらを捕捉して生活しなくてはならないと言うのが、一つの「動物を飼う」と言う覚悟であってます。

人間は、怒ったり・泣いたり・笑ったり・悲しんだりして付近の人に感情を伝えますが、そのなかでも人間にはあって、動物にはないものは「言葉で伝えること」です。

動物は言葉を話すことが出来ないため替りに、吠えたり・鳴いたり・尻尾を振る等、態度でおもいを伝えます。

動物を現実に飼育する際には、各個の動物の「チェンジ」にいち急いで気づいて対応して挙げられるおもいがキーポイントだと私は考えます。

私は近頃、犬と猫を数匹ずつ飼っていますが、同じ犬や猫でも現実に生活してみると、1匹1匹各個に性格があり、モノに対しての反応やフードのおお好み等も異なります。

初めて愛犬や愛猫を家に迎えてから約10年になりますが、私があらためて実感するのは人間と暮らしているようにおもえることです。

例えば、犬や猫がいたずらを行うことで人間のちびっこに叱るように怒りますし、犬や猫が「待て。

」と言ったケースにお利口に待っていたら同じように人間に言うように褒めます。

私が感じ取れるのは、どんな動物であっても必ず飼育してくれている人間を見ています。

それだけ責任の大きい「動物の飼育」であってますが、得られるものも大きいと感じました

みなさんも願わくは動物を飼ったら、「ペットを飼う喜び」を心で実感して、魅力的な毎日を過ごしてください。

毛の長いペット・毛の短いペット

ここでは、「毛の長いペット・毛の短いペット」に対して、各個の飼いやすさや、飼い主さんの生活スタイルに合わせた選択法をご提案させていただきたいとおもいます。

まず「毛の長いペット」に対してですが、私が知っている限りの犬の犬種では、米国ン・コッカースパニエルや、ヨークシャー・テリア、より一層ミニチュア・ダックスフントのロング等が挙げられます。

それらの毛の長いペットを飼うことではたいへん楽しみな点は、毛が長い分アレンジが楽しめると言うことです。

トリマーさんに預けて定期的にきれいにしてもらい、毛のカールを強力にしてもらうだとか、ペット用品ストアーに行けばペット用のアレンジグッズも沢山揃えられています。

より一層私が現実に毛の長いトイプードルを飼っている知人から聞いた話では、トイプードルは毛が抜け落ちずらいらしく、ソファ等が毛だらけになるなどの心配がわずかやうです。

一方で毛の短いペットに対してですが、猫のロシアンブルーや犬の柴犬やパグ等がポピュラーです。

毛の短いペットは、毛が短い分、触れたケースに毛が長いペットと比べると地肌と近いため、すさまじくあたたかく感じます。

そしてシャンプーを行う際も毛が短いので、シャンプーの量も水の量も少量で済むため、節倹にもなり、嬉しいですね。

しかしながら案外毛が抜け落ち易いので定期的にブラッシングを行うのが望ましいかとおもいます

ちなみに私はブラッシングで毛がみるみる取れるのが楽しいので、ブラッシングも苦ではないです。

毛の長いペットと毛の短いペット、どちらにもメリット・デメリットがあるかとおもいますが、デメリットはごくわずかで、やはりかわゆいペットですので、皆さんもペットを飼う際には願わくは、毛の長さも考慮していただき、魅力的なペットと出会われてください。

ペットショップ

ここでは、筆者である私の大お好みなペットストアーのおススメ等に対して、ご紹介させていただきたいとおもいます。

ペットを飼っている方にとってペットストアーは、「オアシス」と言っても過言ではないほど楽しい立地です。

私もそういったペットストアーに行くのが大お好みです。

特に近頃は、ところ何処ろのペットストアーで、ペットストアーにペットを連れて行くと、ペットと飼い主さんの似顔絵を描いてくれると言うサービスをよく見かけます。

私は現実挑戦したこと言うのはないですが、いつかペットを連れて挑戦してみたいなあと思っています。

他にも、人間用と大半そっくりなペット用のオシャレなケーキやクッキーが売っていたりするので、ペットの出現日をお祝いしたケースきや、人間の身内の出現日にみんなと同じケーキを与えられるので嬉しいです。

より一層、ペットウェアやペットリード、ペットケース等もオシャレなものが充実しており、選択するのが迷ってしまうほどです。

ちなみにそういったグッズは、手創りのものをネット市販製品している方も時々見かけるので、ネット市販製品で購入してみるのもおススメです。

私は近頃、愛猫の為にペットストアーで首輪を選択しましたが、和柄やキラキラしたストーンのついた首輪等いっぱいあって、どれも可愛くすさまじく悩んで買いました。

ペットの遊び道具も充実していて、パッと見もかなり手が込んでいて、人間のぬいぐるみと変わらない段階に感じます。

皆さんもペットを飼っている方は願わくは、愛犬や愛猫ちゃんたちの為に魅力的なグッズを選定してみてください。

ペットを飼ってない方でも、熱帯魚コーナー等、見ているだけで飽きないほど楽しいコーナーがいっぱいありますので、ペットストアーに願わくは行ってみてください。

大好きペット

ここでは、兎にも角にもかわゆいペットたちに対してご紹介させていただきたいとおもいます。

筆者である私が飼育したことのあるペットは、柴犬・雑種猫・キンクマハムスター・ゴールデンハムスター・ジャンリアンハムスター・スノーホワイトハムスター・米国ザリガニ・ドジョウ・メダカ・グッピー・金魚です。

特にコンパクトなころに飼っていたのは、キンクマハムスターや、ジャンガリアンハムスター・金魚・メダカ・ザリガニ・ドジョウで、よく小学校の自由研究等にもペットの記録を提出していました。

中でも小学生のころ大お好みな物だったのは、「キンクマハムスター」で、ジャンガリアンハムスター等平均の大きさのハムスターより、2倍近く体が大きいのが特徴です。

キンクマハムスターはすさまじく人懐っこく、オレンジ色のようなハムスターには珍しいきれいな色をしています。

ハムスターの寿命は、ジャンガリアンみたいに体のコンパクトなハムスターで約1・2年と言われていますが、キンクマハムスターやゴールデンハムスターは3年近く生きるものもいます。

私は小学生のころ、それらのペットのお世話を行うのが楽しみで毎日学校が終了したケース家に急いで帰っていました

当時のクラスでもザリガニやメダカや熱帯魚を飼っていたのでペットはクラスみんなのアイドルでした、。

ペットは老若男女問わず、誰が飼っても楽しく癒しのある生活を送るための大きな存在なってはないかと、私はおもいます。

皆さんも願わくは、かわゆいペットを飼って充実した日々を送ってください。

ペットのなかには寿命の短い動物もおりますが、寿命の短い・長い関係なしに、どんなペットもきっと良い感じの幸福を与えてくれるとおもいます。