動物とふれあう楽しさ

はじめまして。

ここでは、「動物とふれあうのが不得意」と言う方でも、「動物ってキュートな!」「動物を飼ってみたい!」とおもえるような、動物とふれあう楽しさに対してご紹介させていただきます。

まず、動物が不得意と言う方は、自分はなぜ動物が不得意なのか?と考えてみることがキーポイントだとおもいます。

今まで動物に対して「怖い」と思ったり、「不得意」と思った経験があるのだとしたら、それを取り除いてみることが、以後動物をお好みになるのでの第一歩だと考えています。

その不得意な理由が分かったら、次にその経験に基づいて、例えば昔犬に噛まれてしまった等、怖いおもいをしたことがトラウマになってしまっているのだとしたら、「そのとき犬は、何故噛んだのか?」を考えてみることが重大だとおもいます。

私は犬を10年ほど飼っていて、いくどか噛まれたことがあったのですが、犬にも噛む理由があったのだと言うことを知ったからです。

犬は可愛がってくれる飼い主のことが大お好みで、飼い主と犬との間にきちんと信頼関係が築けていれば、多かれ少なかれ怒ることがあっても飼い主の言うことを聞いてくれますが、信頼関係が存在したとしても、やはり犬の特性で歯止めがきかずに噛んでしまうこともあります。

それらの特性を捕捉して接してあげることが出来るのは人間の私たちですので、犬が嫌がること言うのはしてはいけないですし、人間側が犬のおもいを捕捉して気を付けていれば、噛まれること言うのは滅多にないです。

犬にも人間と同様のおもいがあって、人間側が「怖い」と思って近づけば、犬にも不安が伝わり、犬も警戒するようになってしまいます

犬が不得意な人に、容易に犬と仲よくなれるやり方をご紹介いたします。

犬(犬に限らず)と仲よくなるにはまず、相手(犬)の目線までしゃがんで目線を合わせ、いきなり触るのではなく、出来ることならお話をかけながらそっと手を差し出して、匂いを知ってもらうことがキーポイントです。

犬は初めて会った相手等にまず、匂いを嗅いで安心したところで徐々に打ち解けていくと言う習性があるためです

みなさんも良かったらかわゆい動物とたふさんふれあってみてください。

かわいい動物とのふれあい

私は幼いころから、動物とふれあうことがだいすきです。

ここでは、今もし「あとあと動物を飼ってみようかな?」と思っている方たちに向けて、おススメの動物やおススメのふれあい方等に対してご説明したいと思っております。

「あとあと動物を飼ってみようかな?」と思っている方におススメの動物は、ずばり「ハムスター」です。

ハムスターの飼育の持つ利点は、アパート等で犬や猫などの動物を飼えない方でも、ご近所さんに迷惑をかけずに飼うことが出来ることと、ハムスターみたいに小さな命も身内みんなで重大におもい、コンパクトなからこそ(特に小学校低学年くらいのお子さんは)コンパクトなものに対しての力の加減を知ることにも繋がるんではないか、と言うことです。

一方でデメリットは、先ほどお話ししたハムスターに対する力の加減の面で、あまりにコンパクトなお子さん(~3歳くらいまで)がいるごご身内のケースではは、こどもさんがまだ言葉を考える力を勉学中なので、万が一ハムスターを強力に握ってしまったケースでは、ハムスターがリスクになってしまうため、ガッカリながらおススメは出来ません。

ですが、コンパクトなお子さんがいるごご身内や、お出掛けの沢山ごご身内でもおススメ出来るのが、「メダカや金魚」等です。

メダカや金魚は一日に数回エサをあげて、定期的に水槽の掃除を行うくらいですので、どんな方でも穏やかなおもいで飼育を楽しめるのではないかとおもいます

より一層もう少しばっかり予算や時間がかけられるのであるのなら「熱帯魚」もおススメです

ちなみに私は小学生の時のクラスで、「グッピー」と言う熱帯魚を飼っていました。

体はコンパクトなですが、見ているだけでなんだか癒されて、優しいおもいになり、当時のクラスのみんなも休み時間になると集まるくらいすごい評判でした。

ザリガニを捕まえる方法

はじめまして。

突然ですが、みなさんは「ザリガニ」を飼ったこと言うのはあるでしょうか?この度は、「ザリガニの捕まえ方」に対してお話しさせていただきたいとおもいます。

「ザリガニ」といえば、多くの人はコンパクトなころに川で見つけたり、飼ったことがあるかも知れません。

実は私も、小学生のころはよく友達と川に遊びに行き、ザリガニを見つけては捕まえて家で飼っていました。

そういった経験をおもい出しながら、あとあと「ザリガニを飼ってみたい!」と思っている方々に願わくはお教えしたいやり方があります。

まず、準備していくものは、バケツ・川用のアミ・割りばし(あると楽です)・専用のフタのついたケースで、スタイルは膝から下が水につかるので、汚れても良い服か、ひざ上までまくり易いズボンを履くと良いです。

そしていざ「ザリガニを捕りに行こう!」と感じたら初めにすること言うのは、「そこでザリガニを捕って良いか」をきちんと確かめることです。

ザリガニがよくいる立地は水の多すぎない(大体人間の足首がつかるくらい~ひざ下くらいまでの水量)川で、岩や石等がいっぱいある立地です

ザリガニは岩の隙間や石の下等に隠れていることが沢山ので、そーっと近づいてザリガニ自ら出てくるまで待ちましょう。

待たずに捕ろうとしたケース、ザリガニはビックリして出てこなくなってしまいます。

ザリガニが出てきたら、すばやくアミをザリガニをすくうように返しましょう。

上手くいけば泥等とともにザリガニが入っているはずです

捕った後は、ケースにしまいフタをきっちり締め、落とさないように重大に家まで持ち帰りましょう。

ザリガニも生き物ですので、重大に扱ってあげてくださいね。