大きな目で見つめられたら飼わずにはいられないモモンガ?

ビヨーンと体を広げて飛んでいるモモンガ。

かわゆいけど家で飼えるの?っておもうけど、準備が出来ることなら飼えます!鳥を飼うように高いゲージを整備し、あるくらいの大きさのものを選択します

止まり木やステージもつけてあげましょう。

爽やかに過ごせる大切なこつです。

夜行性の為、日中を過ごす人間と真逆生活を送ります。

ですので、なかなか触れ合うの時期は難しいかも。

赤ちゃんの頃からともに過ごせれば手乗りが出来るモモンガになり易いです。

神経質で野性的な動物ですので、時間をかけての距離感を大切にし焦ることなく育てましょう。

大きな目に見つめられながら、優しく可愛がってあげてください。

餌と水は逐一変え、洗面所のしつけは難しいのであえて洗面所をつけなくてもいいですが、ゲージの底には新聞紙をひいてあげれば掃除が楽です。

巣箱もモモンガにはありがたい飼育道具です。

休まる立地となり、安定した生活を過ごせます。

餌は専用フードをあげ、ニンニク、ネギ、ニラ等はあげないよう気をつけてください。

ひまわりの種もあげすぎは脂肪分が沢山ので注意!飼い主や家の環境要素に慣れてきたらゲージから出したくなりますが、気をつけないといけないのは脱走しないようにすること。

家で過ごせる完璧な有り様にしたら、ゲージを開け楽しい時間を過ごしてください。

メスのケースは妊娠したケースではオスをめんどくさく感じ(人間でもよく見られる光景)可哀想ですがオスは単独のゲージに避難します

メスには出来るだけ心理的負荷を与えないように触れたり、巣箱を除くこというのは避けて十分な栄養をつけ出産をさせてあげましょう。

インコよりは近隣の心配は少ないかも?文鳥を飼おう!

パッと見は美しい文鳥。

ところが性別はぱっと見では判断しずらいです。

特徴はくちばしを見ると分かります。

オスは太く赤いくちばしでメスはオスと比べて薄く細いくちばしをしています。

お見合いしともに暮らすけど、ケンカが絶えない夫婦っていらっしゃいますよね?あれと同じで文鳥はともにかごのなかで誰かと生活を行なうのが得意ではないやうです。

気性が荒い箇所もあり、お見合いは慎重にしないとどちらも痛い目にあいます。

相性こそ大切ですよね。

ヒナの段階から飼育することで手乗りになって可愛がることが出来ます。

インコみたいにおしゃべりトレーニングはしませんが特に気にしないように。

文鳥は音真似はできてしまいます。

鳴き声も割りかし静かで、近所の目が気にならないことも。

丈夫なボディーを持ち、寒暖に強い方ですので飼うのにはお奨め。

大好評を揺るがせない文鳥こその艶やかさがあります。

インコのような派手さはありませんが、色は美しく愛らしい生き物です。

お家で放し飼いにしたケースではきはリスクもいっぱい。

洗濯物を干している時のような、背を伸ばして足が半分浮く時に足の裏に入ってしまうこともあります。

そのままふんでしまったらアウト。

ドアを開けるときも気をくばって潰さないように気をつけましょう!あとこれは文鳥にハッピーなのが水浴び!必ず水遊びが出来るスペースもつけてあったら嬉しいです。

比較的飼いやすく、ファミリー向けの鳥です。

お子さんのいるお家にも親子で初めて飼う雛だったら…文鳥が一番かも?!

有名映画でも登場するフクロウの飼い方に迫る!

フクロウの置物をいっぱい置いているうちに遊びに行ったこというのはあるでしょうか?「福を呼ぶフクロウ」として縁起がいいわけであってますが、ありのままに本物を飼うことが出来るのでしょうか?おうちに福を招いてくれるのでしょうか?それは飼う環境要素が整っているのかどうかが大きな問題です。

フクロウは飼育するこというのは認められていますが、外国の正式お手続を受けたフクロウのみ飼えます。

ですが、餌代、環境要素創りがはっきりいって容易であってません。

ちなみに価値に対してはフクロウは20万?30万。

餌に対しては月5000円?10000円くらい。

餌もペット用フードをあげるのではなく理想を言えば「生肉」を与えます。

スーパーの肉をあげるのではなく、ラットやヒヨコ、ウズラが好ましくラットを裁けないのであるのなら飼うこというのはしな方がいいでしょう。

飼い主が餌をあげることに抵抗があり、飼育が不可で餓死するフクロウがいます。

すさまじく残酷ですので実に飼える自分自身であるのか考えてください。

ゲージが整備しましょう。

夜行性であって、放し飼いは一部屋フクロウに与える覚悟ないと出来ません、フクロウが部屋のなかで飛びまわりことで、自分の縄張りと思ってしまうからです。

洗面所もしつけられず面倒なことになります。

フクロウは他の鳥と比べると大きなゲージが必要です。

フクロウの身長を基準に4倍の大きさであるのなら大丈夫です。

フクロウは大きなくちばしと鋭い爪を持っています。

やたら子供は近づけられませんし、飼い主も注意し怪我をしないようにしてください。

ユニークな動物を飼いたい人は是非アヒルを!

アヒルがいるお庭なんて優雅ですよね。

でもアヒルを飼うお宅ってあまりないですが、飼うことが出来ます。

誰も飼っていないような動物を求める方にはお奨めです。

アヒルは牧場やふれあいパークで買入出来ます

ペットストアーにもいたりすることがあるので調べてみましょう。

価値は1羽500円?1000円くらい。

環境要素は「水場」「日光浴の出来る立地」を確保出来ることならオッケーです。

餌は基本を水鳥用の餌を与えます

魚粉とタンパク質が確保できます。

野菜も食べれますの十分な栄養をあげてください。

食べ残しは捨て清潔に。

水も餌もは1日2回朝夕守ってあげましょう

長生きな鳥ですが飼うことによって病気心理的負荷等で寿命も縮まる恐れがありますが、世間一般的にアヒルは10年?20年ほど生きると言われています。

野外等で飼うケースは小屋を創り休める環境要素を。

雨風をしのげる対応策も取ってあげなくてはいけません。

屋内のケースではゲージを整備し、わらを敷きます。

多かれ少なかれの臭いは我慢が入ります

水遊びもベランダでなんとか可能なようにアレンジしなくてはいけません。

アヒルはすさまじくひと懐っこいです。

ですが慣れない生き物や人が来ると番犬の替りになるくらい勇敢に声をあげ追っ払おうとします。

ペットとしての歴史は浅いですが、日々のアヒルのチェンジは見ているとすさまじく面白いです。

喜怒哀楽があり、メスを飼うケース、卵を産めば食すことも出来ます!そういった貴重な経験もアヒルをペットにする楽しみです。

犬や猫というのは違う飼い方ではありますが、餌や糞もしつけが出来ますので根気よく教えてあげてください。