痛くないの?!ハリネズミ

まずハリネズミの想像といえば「痛い!」です。

針が背中にいっぱいあるなんて考えただけでもチクチクしますよね

でも大丈夫です、家でも飼えるんです!ハリネズミは怖がっている時、警戒心がある時に針を尖らせますが、環境要素に慣れてくれば手のひらに丸まっておとなしくしてくれるかわゆい小動物ですのです。

基本きれい好みで臭いもしません、なんていいペットでしょうね。

餌は市販生産品のハリネズミフードを買えばいいですが、退屈したケースでは食べないなんていう行動を取りますので時々フードの種別も変化させてあげるといいでしょう

「ハリネズミフードは割高で買いたくない!」という方はキャットフードで代わりすることもあるやうですが、ハリネズミフードと混ぜ合わせてバランスの良いお食事をとることで健康を保てます。

お食事のポイントをおさえつつ、飼い始めなくてはなりません。

飼い主不在でも心配ないスタイルで、逆に神経質で微細な生き物です。

やたら触って可愛がろうとするのはハリネズミに心理的負荷を与えます。

気をつけてください。

マイペーズに過ごすのが好みで単独行動です。

ですので、単独飼育する為に数多く飼うケースは一匹ずつゲージを与えましょう。

二匹同じ時に飼う等は喧嘩の原因になりリスクなことが起きます。

それこそ心理的負荷です。

性格上、人間に懐かないハリネズミも沢山ですが、がっかりせずに「ベタベタしてこないあなたもかわゆいよ!」と大きな気味で過ごしましょう。

懐くハリネズミもいますが、懐かないからといって捨ててはなりません。

命は大切です。

手のひらサイズのハムスターにときめき??

子供の頃に誰もが飼いたいと一度はおもうハムスター

その時は親に反対されて飼うのを諦めて、それでも大人になって一人暮らしをした際に飼い始める方もいますよね

飼いやすさを考えるとハムスターって最良です。

なぜならば、?スペースが狭くても飼える?餌が1日1回でオッケー?鳴かないのでペット不可のマンションでも飼えるというメリットがあります

夜行性の生き物の為、夜は活動的にゲージのなかで機動まわりますが運動が出来る道具があれば一人で勝手に動いているので、飼い主が眠いのに付き合って見守らなくては..なんてことないので大丈夫です。

昼間は逆におとなしくしています。

ところでよくこんな会話を聴きます。

「ハムスター飼ってるんだって?」「そう!うちはジャンガリアン!」「うちはゴールデン!」ペットの名前ではなくこれは種別です。

ハムスターと一口には言えず種別潤沢ですが、初めてハムスターをペットとして飼うならジャンガリアンハムスターがお奨めです。

これは王道ですね。

性格もおっとりしていて、数多くのハムスターと飼うことも出来ます。

そのケースは赤ちゃんの頃から育てていきましょう。

人にも慣れ易いため飼育し易いです。

旅行で出かける時はどうしたら?という問題に対しては一泊の旅行であるのなら、水やエサを多めにあげれば出かけても生きのびれます。

それ以上は助けを求め、誰かのお世話になりましょう。

すさまじく小さく愛らしい動物です。

手のひらでコロンとした姿はいつ見てもたまらないですよね。

マンションでも飼える可愛いうさぎ

マンションでもアパートでも気軽にペットを飼える時代が来ましたが、集合住宅ではペットの鳴き声は気になりますよね

ペット用マンションに住まないのであるのなら、うさぎを飼うことをおススメします。

外に散歩に行かず、家のなかで目の届くところにいつもともに居られるうさぎは現代一般この時代の生活環境要素に適しているとも言えます。

うさぎは微細な動物ですので、初期の頃は静かな立地であまりベタベタ触らずそっとしておいてあげてください。

飼う前も食してきた牧草やペレットを食べさせ、夜は暗くし心置きなく眠れるよう心がけましょう。

マンションで飼えるメリットとして、うさぎは声帯がもともとないので鳴きません。

そのかわり鳴き声に近い声を出そうとします。

ですが、生活する上で困るような声の大きさではなく、逆に聴こえなくてうさぎのピンチに気づけないケースも。

飼うケースには日頃から注意してよく観察してあげましょう

昼間も、一匹お家でお留守番が出来るのもうさぎのいいところです。

うさぎは寂しがり屋で死んでしまうなんて言い伝えがありますが、日頃からきちんとお世話しているのであるのなら気にしなくて大丈夫です

ただ部屋の温度調整は気にしなくてはなりません。

基本夏はエアコンはつけっぱなしのお宅が殆んどで、冬季は夏ほどではなくともやはり温かい立地で過ごさなければリスクです。

うさぎの種別は潤沢で性格もいろいろ。

うさぎの選択法も少しばかり事前に確認をしてから、ペットストアーでショップ員さんとよく相談し最後まで大切に飼うことの出来るうさぎを選択することが大切です。

よちよち歩きのんびり亀に癒されよう

飼育が割りかし難しくないと言われている亀

しかしながらすさまじく長生きということで寿命は30年と言われています。

それでも飼っていけるの?ポイントはまずそこからでしょうか。

鳴き声を気にしなくてもいい、バタバタ走りまわることもない亀はペット初心者向きにはお奨めです。

ただし成長して想像以上に大きくなり困った!ということにならないよう、亀の種別も知っておく必要があります。

コンパクトな亀を希望するケース、ミシシッピーニオイガメは10センチくらいまでで成長が止まり、温和な性格ということで飼い易いです。

他にも種別はいっぱいありますが、性格が凶暴や大きな水槽を整備しなくてならない亀等初心者には分からないことだらけですのでペットストアーへ行きましょう。

水槽を準備し爽やかに過ごせるよう、深さのある動けるスペースのある水槽を選択します。

水槽の水は2?3日で取り替え清潔に過ごせるようこまめな世話が必要です。

水槽が汚いと病気になり悪臭もきつくなり良いことがありません

亀は動くのが大好みで、水槽の淵に手がつくと気づいたら静かに脱走してしまいます。

家のなかで迷子という話も時々聴きます

日光浴も大切で亀の健康バロメーターになります。

亀にとって大切な甲羅が健康であるかはすさまじく大切です。

脱走しないくらいの外で太陽の光を浴びる、太陽の光が難しければ市販生産品の日光浴用の紫外線電球を取り付けてください。

冬季は冬季眠する生き物ですので、夏にきっちり餌を与え体力をつけましょう。

のんびり長生きな生き物で、愛らしい亀と共に気味よく過ごせる毎日を心がければ飼うのはすさまじく楽しいですよ。